近江ベルベット株式会社

電気植毛のパイオニア、近江ベルベット株式会社

<静電植毛技術>を生かして
お客様のご要望にお応えします

静電植毛(フロック加工)とは

●あらかじめ接着剤を塗布した被対象物に、
数万ボルトの静電気を利用し パイルと呼ぶ短繊維を飛翔させ、
均密に植毛する加工技術です。

植毛加工凡例

●高電圧の電極を通ることでパイル一本一本が直立して密集し、
平均 数千本/cm2もの高密度になります。
他の織物には出来ない特徴です。

●植毛製品には、平面的なシート状基材に加工した「全面植毛品」と、
立体的な形状の物体に加工した「成型植毛品」があります。
また、後者は被対象物に直接植毛する方法と、全面植毛品を必要な形状に
打抜き粘着シールで貼り付ける方法があります。


静電植毛(フロック加工)の特徴

◆ パイルの種類 ◆

主にナイロン・レーヨンです。アクリル・ポリエステル等の化合繊や、
シルク・コットン等の天然繊維、また耐熱等の機能性繊維も使用します。

原糸・染色パイル


◆ 接着剤の種類 ◆

アクリル系、ウレタン系、酢酸ビニル系(木工用ボンド)等があります。
これら単独ではなく、被膜強度向上の為、
エポキシ等を架橋剤として添加するのが基本的なレシピです。


◆ 基材の種類 ◆

全面植毛の場合、レーヨンやナイロンの織物・編物、PETや塩ビのフィルムシート、
フォーム材(ウレタン・ポリエチレン等)・不織布・紙類にも植毛可能です。
成型植毛の場合、ABSやPP系の樹脂製品や、金属(鉄・アルミ等)があります。


◆ どんなふうに加工するのか ◆

@接着剤塗布(コーティング) → A植毛(フロッキング) → B乾燥・硬化 → C除毛・仕上げ

@……全面植毛の場合、基本的に生地にベタ塗りします。成型植毛の場合は、スプレーです。

@〜Cまで、自動ラインによる連続工程です。
全面と成型では、搬送方法に多少の違いがありますが、基本的な原理は同じです。

≪工程図≫
パイル
































接着剤
基布

◆ 植毛すると、どんな効果があるのか ◆

主に意匠性と機能性とに分けられます。
前者は、プレーンな基材単体に比べ華燭性が発現します。
後者には、下表のような機能が期待できます。

機能 応用箇所 効果
低摩擦性 ゴム製炊事用手袋の内側 皮膚へのベタ付き防止で円滑着脱
防振性・摺動性・吸音性 自動車の窓ガラスや、ゴム製チャンネル ビビリ音の防止、窓ガラスの円滑昇降
断熱性 コタツヒーターやコピー機等の発熱部カバー 手、指の接触時の火傷防止
金属製の手摺り 寒冷時における不快なヒヤリ感解消
吸光性・低反射性 カメラのボディー内部や、レンズフード内面 撮影部分への迷光防止になり、クリアな像が撮影可能
吸水性・保水性 冷房装置吹き出し口のルーバー 結露した水の落下を防止
捕捉性・保持性 紡績機のクリーニング用ロール 糸くずの捕捉、除去

製品紹介

全面植毛成型植毛非植毛製品

ページトップへ